口遊
(くちずさみ)





源為憲が書いたの貴族子弟のための教科書

乾象、時節、官職、人倫、禽獣など19部門に分け暗唱できるようにまとめてある。
九九や子丑寅卯…という今もよく使うものから夜道を歩いていて死体に会ったら唱える歌まで様々ある。

970年。源為憲による。


『口遊』には有名な『いろは歌』に先行して作られた有名な字母歌『あめつち』と『たゐに』も収録されている。



あめ つち ほし そら
やま かは みね たに
くも きり むろ こけ
ひと いぬ うへ すゑ
ゆわ さる おふせよ
衣の江を なれゐて
天 地 星 空
山 川 峰 谷
雲 霧 室 苔
人 犬 上 末
硫黄 猿 生ふせよ
榎の枝を 慣れ居て


大為尓伊天
奈徒武和礼遠曾
支美女須土
安佐利於比由久
也末之呂乃
宇知恵倍留古良
毛波保世与
衣不禰加計奴
たゐにいて
なつむわれをそ
きみめすと
あさりおひゆく
やましろの
うちゑへるこら
もはほせよ
えふねかけぬ
田居に出で
菜摘む我をぞ
君召すと
求食り追ひ往く
山城の
打酔へる児ら
藻干せよ
え船繋けぬ

TOPに戻る
 

制作日:2005年3月16日 製作者:朝明
更新日:2005年3月16日

 

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO